本気でヒゲ脱毛をするのならカミソリを捨てろ!

ヒゲ脱毛をすることを考えたきっかけ

若い時からヒゲを剃るのが好きではありませんでした。

 

原因は私が全体的に皮膚が弱く、ヒゲそりをしてもカミソリ負けをよくしたり、ヒゲそり後の皮膚がひりひりしたりすることが多かったからでした。

 

その為にヒゲそりの前には厚めのタオルなどをヒゲに当ててヒゲを柔らかくしたり、シェービングフォームを丁寧につけたりして、かなり手間と時間もかかっていたのです。

 

それでもヒゲそりを使っても、シェーバーを使って、ある程度は改善することもありましたが、基本的には皮膚の弱さはそのままでした。

 

ヒゲを伸ばせばよかったのかもしれませんが、ヒゲがあまり似合わないことも自分でわかっていましたし、仕事柄ヒゲを伸ばすことができないという事情もありました。

 

そのようなわけで、今までヒゲ脱毛をしようと考えたことが今回を合わせて3回もありました。

ヒゲ脱毛をすることは何度も考えた

一度目は難波に住んでいたかなり若い時でヒゲ脱毛も今のように一般的に認知されていませんでした。

 

私がヒゲ脱毛のことを知ったのはある芸能人がヒゲ脱毛をして、あるトーク番組でそのメリットを話してしたからでした。

 

その芸能人の言うヒゲ脱毛のメリットは時間の節約でした。

 

ヒゲ脱毛をすることによってヒゲそりにかける時間がプラスされるということです。

 

しかし、結局はそのころにはヒゲ脱毛のコストがあまりにも高かったので、深く検討することはありませんでした。

 

うろ覚えですが、ヒゲ脱毛の費用は百万円以上であると聞いた記憶が残っています。

 

二度目は10年ほど前でした。

 

ヒゲ脱毛がかなり一般的に認知されてきて、コストも以前と比べるとかなりリーズナブルになってきたころでした。

 

そのころの費用ですと、時間と手間と皮膚の弱さ来る痛さなどと引きあうのではないかとかなり考えたのですが、実はそのころには、年齢が上がってきたせいか皮膚の弱さがかなり改善されてきて、若い時ほどカミソリ負けをしたり、皮膚がひりひりしたりすることがなくなってきたことと、ヒゲを伸ばすことが流行するような感じもあったということが実行しなかった理由でした。

 

そして、三度目の検討をしているのが、現在となります。

 

皮膚の弱さはますます改善されてきて、今ではたまに皮膚のひりひり感があるくらいです。

 

そして今ヒゲ脱毛を検討している大きな理由は時間の無駄を避けることができるからです。

 

朝晩の時間にヒゲそりにかける時間が他に使えればと考えてしまいます。

 

それにこれから先にファッション的にヒゲを伸ばすことはほぼないだろうという判断もあります。

 

果たして3度目の正直となり、私はヒゲ脱毛に通うことになるのでしょうか。

ヒゲ脱毛で毎日の面倒なヒゲ処理にサヨナラ

最近は、男性の脱毛も当たり前の時代になりました。

 

脚や腕だけでなくヒゲ脱毛をしたいと希望する男性が増えているので男性専用の脱毛サロンが流行っています。

 

仕事前やお風呂上がりのヒゲをカミソリで切ってしまったりして血が出る。毎日の処理が面倒だ。という男性にはヒゲ脱毛をお勧めします。

 

ヒゲ脱毛をしてしまえば血が出る事もなくなり、ヒゲと永遠にサヨナラできるので毎日が楽です。

 

医療脱毛がお勧めの理由!

 

男性のヒゲは女性の毛に比べて濃いく太いので施術時間が多くかかります。光脱毛でも可能ですが時間がかなりかかり、又費用も女性の脱毛時間よりも倍になるので費用も高額になります。

 

医療脱毛のレーザーは、正確に光が当たり広範囲で脱毛が可能になります。レーザーは深部までしっかり当たるので脱毛効果があります。

 

医療脱毛では資格のある医師がいるので、何かトラブルがあった時にすぐ対応してもらえるので安心です。

 

参考サイト:難波 ヒゲ脱毛

 

痛みに弱い男性には麻酔もありって本当?

 

ヒゲ脱毛を扱っているクリニックでは麻酔を使って施術を行っている場合があります。

 

男性は女性に比べて痛みに弱いので麻酔を使用した方がスムーズに施術できます。レーザ脱毛は光脱毛に比べて出力が高いので痛みも強いのです。

 

麻酔にも副作用があるものもあるので、クリニックでどのような麻酔なのかを確認しましょう。クリームでの麻酔だと副作用もないので安心ですね。

 

麻酔は費用が別料金という事もあるので確認をしてください。

 

毎日のヒゲ処理が面倒だという人は全部脱毛をしてもいいですが、部分脱毛という事も可能です。

 

ヒゲは男性の象徴でもあるので形を決めてヒゲ脱毛をするのも良いでしょう。ほとんどの女性は男性のヒゲが嫌いという方が多いので脱毛を決める前には彼女に相談してからにしましょう。

 

ヒゲ脱毛に対して不安を感じている男性は多いと思うのですが、そういった方のために大抵のクリニックではプロのカウンセラーによる無料のカウンセリングもおこなわれています。電話による相談ができる場合もあります。

 

ヒゲ脱毛で面倒なヒゲ処理とサヨナラ出来たらいいですね。

AGA対策にはランキング上位の育毛剤を使うこと

世の中にAGAに効果があると標榜している成分は山ほどありますが、きちんとした政府の機関が公式に効果があると認めている成分は2つしかありません。

 

それがミノキシジルとプロペシアというもので、2つともアメリカのFDA(日本の厚生労働省のようなもの)が公式にAGAに効果があると認めている成分です。

 

このうちプロペシアは、飲み薬なので、育毛剤に配合されるのはミノキシジルのほうです。

 

ミノキシジルはもともとは、心臓病のために開発された薬剤です。心臓に血を贈る血管が狭まって血流が少なくなり心筋梗塞を起こす、というのを予防するために、血管を拡張させる、というのが本来持っている効果です。しかしこれを頭皮に塗ると、毛根細胞に送り込まれる血流が増え、それによって細胞分裂が活性化し、育毛につながる、というのがそのメカニズムです。

 

ですので、理論的に言っても確実にミノキシジルはAGAに効果があると言えるのです。
ただ、これをでは使いたいとなった時には、基本的に薬剤ですので、クリニックに行って処方してもらわなければなりません。それはそれなりにお金のかかることで、できれば費用は安くしたい、という人のためには、医薬品メーカーが自社の育毛剤に使うことの認可をとって、育毛剤として発売しているものを購入するのがベストです。

 

実は日本では、そういう商品が1品だけあります。それが、大正製薬のリアップです。リアップのみが日本ではミノキシジルを配合しています。しかし発売当初はミノキシジルの配合量が1%未満であり、身だった効果は発揮できずにいましたが、現在では5%の配合量の新製品を出していますので、これであればAGAに十分な効果が期待できます。日本の育毛剤でAGAを治したい人はぜひリアップを使うことをおすすめします。

 

またアメリカには、ミノキシジルを配合している育毛剤が何種類かあります。この方が実はリアップよりもかなり安いので、お金のことを考えると自分で海外通販で購入するのがおススメですが、ただし、返品が効かない、日本では認可が取れていない商品なのでトラブルが起こった時には自己責任になります。

 

AGA 育毛剤 ランキング

メイク落としの仕上げはランキング入賞の洗顔石鹸で

女性にとってメイク落としと同じくらい重視したいのが洗顔石鹸。私も以前はダブルクレンジングを何度も行い、ゴシゴシ洗顔しないと何だか綺麗に洗えた気がしなかったものです。しかしここ数年の美容系雑誌では「メイク落としは一回で少しメイクが残っていてもOKくらいの気持ちで。その後の洗顔で綺麗に落としましょう」と書かれてあるのをよく目にします。つまりその分、洗顔は女性にとって決して軽んじることのできないステップだと思うわけです。

 

幾らメイク汚れを完璧に落としたいからといって、手のひらや指でゴシゴシと力任せに擦るのは逆効果。理想はたっぷりの泡で「包むように」洗うことです。過去チューブタイプやジェルタイプなど色々な洗顔剤を試してきましたが、自分に合っている上理想のたっぷり泡を再現できるのは、やはり石鹸タイプだと実感しています。

 

以前友人が自分が使っていてとても良かったからと同じ洗顔石鹸を私にプレゼントしてくれたことがありました。それは当時CMやランキングなどで目にする機会も多く、通信販売でしか手に入らない「使ってみんしゃいよかせっけん」でした。なんといってもその印象的なネーミングと、火山灰で作られているという他にはない特徴がずっと気にはなっていた商品です。

 

参考サイト:洗顔石鹸 ランキング

 

購入するともれなくおまけで付いてくるという泡立てネットを使いその晩早速使ってみると、絹のような泡がたちまちネット一杯に出来たことに驚きました。どんな洗顔石鹸でもネットを使えばそれなりに泡は立つのですが、こちらの石鹸の泡はとても濃密で触れた指を押し返してくるほどの弾力。

 

洗い上がりもとてもさっぱりとしていて、毛穴の奥から頑固なメイクを落とし去ってくれているのが一目瞭然です。「泡なんかでメイクは落とせない」と勝手に決めつけていた固定観念が見事に覆されましたね。

 

この石鹸を一度使用したらもう元のチューブタイプの洗顔料には戻れず、今では「洗顔石鹸と泡立てネット」のセットはバスルームには欠かせない必需品です。よりメイクを楽しむためにも、正しい洗顔料と洗顔方法は続けていきたいものですね。